Featured自分が購入しようと思った株式が突然上がってしまっときには、素直に自分が想定した値段よりも若干高い値段になりますが株式を購入する。もしくは、上がっている株価を指をくわえて見ている、もしくは株価が上がりきったところを空売りを入れて株価の下落に賭けるという方法が考えられます。しかし、このような場合には少々高値掴みにはなりますが、素直に上がっていく株式を購入してやり方が一番安全な投資法だと私は考えています。


バイナリーオプションでの損失を考える

 バイナリーオプションでは、いわゆる相場の変動によるリスクはなく、投資家自らが投資した資金がそのまま損失になるために、投資資金の運用がしやすい取引きだといわれています。

例えば、バイナリーオプションでもよく用いられる通貨の銘柄ですが、この通貨を売買取引し、利益を求めていこうとする投資にFX取引というものがあります。

FX取引の場合には、注文を入れて通貨を手元に保持し、その保持している通貨に利益が生まれるのを待ったのちに、決済注文を入れて通貨の保持を解消し、利益のみを確定していくという方法で投資を行っています。
つまり、利益がどれだけ出るのかは、為替相場の変動にかかってくるのです。
そしてこれは、損失にも言えることであり、通貨を保持している最中に、予想と反する方向へ大きく相場が変動してしまえば、小さな資金の投資でも、それを超えるような損失を被ることもあるのです。

もちろん、バイナリーオプションではこういうことは一切おこりません。
バイナリーオプションは銘柄になっている相場のレート変動が、あらかじめ決められている条件を達成するかどうか、によって利益が出たり損失が生まれたりするからであり、どんなに相場が変動しても、投資した資金に配当金が上乗せされた利益か、その投資金がすべて失われるかのどちらかの判定しかないのです。

投資する前から利益と損失が見込めるというこの状況は、資金管理には適しているのですが、FX取引のように利益や損失の大きさを自分の判断で変更することが出来ません。
例えばFXでは大きな損失が出る前に、自ら小さい損失で決済を行い、被害を最小限に抑える「損切り」が行えますが、バイナリーオプションではこうしたことが出来ないため、万が一、投資の初期段階で取引きの成功が見込めない相場になっても、そのままその損失を被るしか方法がないのです。

こうしたことから、バイナリーオプションでは相場の予測の精度を高め、利益が得られそうな相場では大きな投資を行い、難しそうな相場では投資金を小さくなどをして、取引きの前から損切りをしておく必要があります。

バイナリーオプションで大きな損失を被ってしまうパターンは、失敗を取り戻そうとより大きな資金で投資し、また失敗して取り戻そうとし、という事を繰り返していき、どんどんと資産を使っていってしまうことが最も多くなっています。

国内のバイナリーオプション取引業者が提供する取引ルールであれば、最短でも2時間の判定期間が規制で決められているために、冷静になれる時間もある程度稼ぐことが出来るのですが、海外のバイナリーオプションでは、わずか1分で判定結果が出るものもあるために、どうしても負けを取り戻そうという意識が働き、結果として、わずか数十分で何十万、何百万という資金をつぎ込んでしまい、バイナリーオプション取引から去っていく投資家もいるのです。

こうしたことから、バイナリーオプションでは相場リスクの損失はそれほどありませんが、投資を行う前の予測の精度と、取引き後の冷静さを保つ精神力がないと、自らの心に負けて損失を招いてしまうことがあるので、充分に気を付けましょう。


関連情報

気になる情報
基礎情報
金利差
Site情報
 必読